Sustainable Development Goal 2

飢餓をゼロに

世界では今も、8億人近くが飢餓と栄養不良、低い生産性と病気の連鎖に陥っています。2030年までに飢餓に終止符を打つということは、単に必要とする人々に食料を提供するだけにとどまりません。目標を達成するためには、農村部および都市部の食料システムに大規模な投資を行い、持続可能な農業の拡大、生活の改善・健康の向上に対する支援、安定して末長く機能する流通ネットワークの構築を目指す必要があります。

国連大学では、食料の安全保障について総合的な研究アプローチをとっています。アフリカの食料・飼料の生産量向上を目指す取り組みは、生活の保障、社会的・経済的な生活状況の向上、および農村部の経済状況の改善に役立っています。また、気候変動、土壌生産性の低下、水不足の深刻化に対しては、排水の安全な農業利用により農家の資源アクセス向上を目指す革新的な取り組みを主導しています。

研究者からのメッセージ

Kai Schwarzel

カイ・シュヴァーツェル

国連大学 物質フラックス・資源統合管理研究所
(UNU-FLORES) アカデミックオフィサー

「土地と水をいかに使うか。それによって、コミュニティにどれだけの食料と水を供給できるかが決まります。増加する世界の人口を支えるべく食料の増産を可能にしたい。そのために、土地や土壌、水資源の効率的な利用について研究しています」

ニャシャ・ティリバイ

国連大学 マーストリヒト技術革新・経済社会研究所(UNU-MERIT)研究員

「世界には十分な食べ物があるにも関わらず、8億人以上が飢餓に苦しんでいます。私は飢餓と栄養不良を根絶する世界の取り組みを支援したいと考えています。国連大学では、人道支援や社会プログラム、農業のイノベーションについて研究し、飢餓をなくし弱い立場にある人々の栄養状態を改善させる取り組みを進めています」

ヒロシャン・へティアラックチ

国連大学 物質フラックス・資源統合管理研究所
(UNU-FLORES)アカデミック・オフィサー

「21世紀の今でも、世界では9人に1人が未だ十分な食事を取ることができていません。私は排水の安全な農業利用によって、この課題を解決したいと考えています。排水の農業利用は、農作物の成長に欠かせない水と栄養分を提供する、費用対効果の高い代替手段となるのです」

注目のプロジェクト

排水の安全な農業利用

世界的な水不足にもかかわらず、私たちの生活の中で発生した排水の80%以上が、再利用されることなく生態系へと還流しています。このプロジェクトは、エネルギー、灌漑、土壌肥料の貴重な資源として排水の利用拡大を目指しています。

西アフリカにおける灌漑農業

西アフリカは、変動が激しい季節的な降水やそのほかの気候要因によて、水不足や土地の栄養不足に直面しています。このプロジェクトでは地域の関係者と共に、簡単で費用対効果が高く、かつ効率的な意思決定ツールを開発し、灌漑農業のマネジメントと生産高を増やす取り組みを進めています。

農業多様性と持続可能性

農業多様性とは、農業従事者が自然環境の多様性に合わせて栽培する作物を選定し、土地や水、生物を管理する方法を意味します。このプロジェクトでは、森林管理や土地の回復における優良事例を記録し、大学院レベルの学生への研修や、気候や生態系の変化を軽減し適切に対処する地域コミュニティの能力強化につなげています。

関連の記事

最新の出版物