目標2:飢餓をゼロに


世界では今も、8億人近くが飢餓と栄養不良、低い生産性と病気の連鎖に陥っています。飢餓の問題は、人々の暮らしの改善や持続可能な開発を妨げる大きな要因になっているのです。2030年までに飢餓に終止符を打つということは、単に必要とする人々に食料を提供するだけに止まりません。目標を達成するためには、農村部および都市部の食料システムに大規模な投資を行い、持続可能な農業の拡大、生活の改善、健康の向上に対する支援、そして安定して末長く機能する流通ネットワークの構築を目指す必要があります。

飢餓をなくすための国連大学の取り組み

国連大学では、食料の安全保障について総合的な研究アプローチをとっています。アフリカの食料・飼料の生産量向上を目指す取り組みは、生活の保障、社会的・経済的な生活状況の向上、および農村部の経済状況の改善に役立っています。また、気候変動、土壌生産性の低下、水不足の深刻化に対しては、廃水の安全な農業利用により、農家の資源アクセス向上を目指す革新的な取り組みを主導しています。

国連大学と知るSDGs トップページ に戻る

研究者からのメッセージ

 


国連大学 物質フラックス・資源統合管理研究所 (UNU-FLORES)
アカデミックオフィサー

カイ・シュヴァーツェル

schwaerzel@unu.edu

「土地と水をいかに使うか。それによって、コミュニティにどれだけの食料と水を供給できるかが決まります。増加する世界の人口を支えるべく、食料の増産を可能にしたい。そのために、土地や土壌、水資源の効率的な利用について研究しています」

 

国連大学 水・環境・保健研究所(UNU-INWEH)
アシスタントディレクター

マンズール・カディール

manzoor.qadir@unu.edu

「水資源の乏しい地域にとって、使える水を確保することは持続可能な開発における鍵です。私は、海水や廃水など、特殊な処理が必要な水資源の活用について、国際的な協力を呼びかけています。水を持たない人々に革新的な手段を通じて水を提供すること、またそのために、将来の水関連政策と、水への投資に向けた情報提供を行うことが、私の使命です」

 

注目の研究プロジェクト

 


国連大学
物質フラックス・資源統合管理研究所 (UNU-FLORES)

廃水の安全な農業利用

世界的な水不足にもかかわらず、私たちの生活の中で発生した廃水の80%以上が、再利用されることなく生態系へと還流しています。このプロジェクトは、エネルギー、灌漑、土壌肥料の貴重な資源として廃水の利用拡大を目指しています。

 

国連大学
サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)

アフリカのサハラ以南地域に
おける商業作物増産と
食料安全保障への影響

アフリカのサハラ以南地域では、バイオエネルギーや繊維など、食料以外の商業作物の生産を目的とした土地利用が増えています。このプロジェクトは、こうした土地利用の変化によるこの地域の食料安全保障への影響を測定することを目的としています。

 

国連大学
アフリカ自然資源研究所(UNU-INRA)

生活基盤と気候変動
レジリエンスを改善するための
食料・飼料作物の統合

このプロジェクトでは、ガーナ北部の5つの村において、食料・飼料作物を統合させる新しい農業方法をテストし、食料安全保障の改善を図っていきます。

 

注目の関連記事

 


  •  
     
    レイチェル・シンドラー
    コミュニケーションおよびアドボカシーアソシエイト、国連大学物質フラックス・資源統合管理研究所 (UNU-FLORES)