Sustainable Development Goal 15

陸の豊かさも守ろう

人間と地球の繁栄は、陸上の生態系が健全に保たれているかに左右されます。地球の3分の1近くは森林で覆われており、陸上の動物、植物、昆虫の全種類の80%が生息していますが、過度の森林伐採と土地の劣化は、貴重な生物多様性と、農業従事者などの暮らしを脅かしています。土地へのダメージの回復は、気候変動に対処し、また貧困に終止符を打つ上でも不可欠です。

人間と環境の持続可能な関係を構築するため、国連大学は、生態系の変化と資源利用とにまたがる領域で調査を進めています。例えば、メコン川デルタ地帯での研究では、気候変動や塩水侵入による影響への対応として、地域の農家に農業方法の刷新を促しています。また、土地修復研修プログラムでは、途上国の学生に対し、土地の劣化や砂漠化、土壌の回復、持続可能な土地の管理について実践的な教育を提供しています。

研究者からのメッセージ

Berglind Orradottir

ベルリンド・オラドッティル

国連大学 土地修復研修プログラム(UNU-LRT)
副ディレクター

「土地は私たちに食料、エネルギー、きれいな空気といった必要不可欠なものを与えてくれますが、過剰開発によってこれらの質の低下を招いてきました。この状況は変えることができます。現場で活動する専門家に対して、私たちは土地再生についての質の高い教育を提供し、未来に向けた持続可能なソリューションを生み出しています」

齋藤 修

国連大学 サステイナビリティ高等研究所
(UNU-IAS)プログラムオフィサー

「人間の幸福は、自然からの多様な恩恵の上に成り立っています。私のUNUでの研究は、この価値観を様々な観点から掘り下げています。今日の社会を、地球規模で起きている気候や生態系の変動に適応できる持続可能なものに変えることを目指しています」

アサ・L・アラドッティル

国連大学 土地修復研修プログラム(UNU-LRT)
講師

「悪化してしまった生態系でも、回復させることによって私たちの健全な暮らしに不可欠な要素を再びもたらしてくれます。持続可能な土地利用を通じて、生物多様性、生態系のレジリエンス、気候変動緩和に対する戦略的ソリューションを特定することが私の研究テーマです」

注目のプロジェクト

進行する塩分侵入に対する沿岸農業生態系の持続可能な適応(DeltAdapt)

デルタ地帯は肥沃で人口密度が高く、気候変動の影響による危険にさらされています。DeltAdapt研究プロジェクトでは、農業従事者が生活を維持していけるよう、環境・社会面からデルタ地帯の生態系における変化を分析しています。

自然資本と生態系サービスの予測と評価

このプロジェクトは、社会生態システムを統合した方法で、日本における陸地や海洋の自然資本やエコシステム・サービス、ガバナンスなどを評価しています。

農業栽培種の多様性と持続可能性

農業多様性とは、栽培する作物の種類や土地・水などの管理が多様であることを意味します。このプロジェクトでは、東南アジアの山間部において、気候変動や生物多様性の喪失を食い止めるために、農業多様性が潜在的にどのような役割を果たすのかについて分析しています。

関連の記事

最新の出版物