目標7:エネルギーをみんなにそしてクリーンに


エネルギーは発展のために欠かせませんが、持続可能性を無視し、かつ非効率なエネルギーを使用し続けることは、健康や気候変動などの分野での取り組みを妨げ、すべての人にとって平等な開発を実現する上で社会的・経済的な障害となります。世界では、依然として12億人以上が電気を利用できず、何十億という人々が調理の際に石炭などに頼っています。各世帯が近代的で持続可能なエネルギーを利用できるよう支援することは、持続可能な開発目標(SDGs)の他の目標を実現する上でも欠かせない要素です。

エネルギーについての国連大学の取り組み

国連大学は、自然資源の効率的な利用と、能力開発の機会を提供し、持続可能なエネルギーセクターにおける専門知識の強化に重点を置いています。その一環として、アイスランドに拠点を置く地熱研修プログラムでは、途上国の新エネルギーに関係する政策立案者・技術者を対象に、優れた実地教育を提供しています。また、自然資源の重複利用を精査し、エネルギー効率と資源リサイクルを向上させ、近代的エネルギーをよりクリーンに、かつ安価に生産する総合的な方法について研究しています。

国連大学と知るSDGs トップページ に戻る

研究者からのメッセージ

 


国連大学 環境・人間の安全保障研究所(UNU-EHS)
アソシエイト・アカデミックオフィサー

エリック・タンボ

tambo@ehs.unu.edu

「グローバルな問題は、ローカルな解決策によって対応すべきです。国連大学での私の活動の指針となっているのは、アフリカが住民自らの力によって発展し、国際舞台でダイナミックな力を発揮する、という構想です。これからも、アフリカ大陸における高等教育と科学技術の推進に情熱を注いでいきます」

 

国連大学 物質フラックス・資源統合管理研究所 (UNU-FLORES)
アカデミックオフィサー

マシュー・キュリアン

kurian@unu.edu

「SDGs達成に必要なのは、縦割りの構造を脱し、分野横断的に連携することです。そのため、私の研究は科学と政策の橋渡しに重点を置いています。確かな研究を通じて、意思決定のあらゆるレベルに情報提供すること、またそうしなければならないというのが、私の考えです」

 

注目の研究プロジェクト

 


国連大学
環境・人間の安全保障研究所(UNU-EHS)

アフリカにおける水と
エネルギーの安全保障 (WESA)

気候変動によって、アフリカでは水やエネルギーなど重要な資源に多くの問題が生じています。このプロジェクトでは、水とエネルギー確保の切り札となるであろう革新的・科学的な研究方法について、現地の研究者などに指導しています。

 

国連大学
物質フラックス・資源統合管理研究所 (UNU-FLORES)

人工湿地帯の多機能性

このプロジェクトは、廃水に対する我々の考え方を変えようとするものです。適切に設計・管理されている人工湿地の調査から、建設や維持に高い技術を必要としない人工湿地が、廃水の収集や浄化、下水の処理、生物多様性の保護、汚染土壌の浄化、そして植物由来のエネルギー生産にどのように役立つのか分析しています。

 

国連大学
地熱エネルギー利用技術研修プログラム(UNU-GTP)

UNU-GTP6カ月研修プログラム

世界のエネルギー・ポートフォリオから炭素を排除する必要性が高まっている中、クリーンエネルギーの源として、地熱の重要性が増しています。このプログラムでは、研修生、特に地熱に関する可能性を持った開発途上国の出身者を対象に、地熱エネルギーの研究、探査、開発に積極的に取り組めるよう実地の機会を提供しています。

 

注目の関連記事