Sustainable Development Goal 6

安全な水とトイレを世界中に

世界では、24億人がいまだにトイレのない生活を送り、18億人が排泄物で汚染された水を飲まなければならない状況に置かれています。さらに、世界の人口の40%以上が、水不足の影響を受けています。目標の達成には、水への平等なアクセスと利用の促進、人々の健康を守るために持続的に淡水を管理するなどの緊急の解決策が必要です。

各国の水に関する取り組みを強化するため、国連大学では、「持続可能な開発目標政策支援システム (SDG Policy Support System) 」を提供し、各国政府が既存および新規の国別/世界データを用いて、政策の立案や計画に適したエビデンスを自動的に生成できるようにしています。水、トイレ、公衆衛生や、排水の管理と再利用に関するこうした研究は、科学と政策の架け橋となり、問題を抱えた地域に革新的な技術を届ける取り組みへと繋がっています。

Luis Patron / UNU

研究者からのメッセージ

ギータ・モーハン

国連大学 サステイナビリティ高等研究所
(UNU-IAS)リサーチ・フェロー

「水資源の枯渇は、人々の健康や農業、食糧生産に対する深刻でグローバルな危機です。持続可能な水の安全保障を実践し、十分でアクセス可能な水をすべての人々に届ける研究に取り組んでいます」

Shyama V. Ramani

シャーマ V. ラマニ

国連大学 マーストリヒト技術革新・経済社会研究所(UNU-MERIT)教授

「SDGsを達成するためには、公共投資だけではなく、システム全体のステークホルダーの参加が必要となってきます。私の研究では、多種多様な参加グループの連携を促進するインセンティブの策定に取り組んでいます。持続可能な開発は、単なる結果だけではなく、民主主義や尊重、誠実さという価値観も意味しているのです」

ニディ・ナガブハトゥラ

国連大学 世界開発経済研究所(UNU-WIDER)
シニア・リサーチャー

「水は単なる天然資源ではありません。命、進化、開発、そして平和の源なのです。私たちは、水を大切にする活動のもっと大きなメリットを理解しなくてはなりません。私は研究を通じて水の安全保障アジェンダにおける統合した考え方を発展させ、それを水に関する政策やプログラム、投資に関わる人たちと共有したいと考えています」

注目のプロジェクト

水関連の持続可能な開発目標

水は、すべての国の開発に密接に関わる存在ですが、持続可能性を無視した開発が限られた水資源を脅かす要因となっています。このプロジェクトでは、SDGsの目標 6「安全な水とトイレを世界中に」の達成に向けた政府の取り組みを支援しています。

排水再利用の有効性指標

SDGsを達成するためには、排水の再利用およびリサイクルを拡大させる世界的な取り組みが必要不可欠です。このプロジェクトでは、目標達成に向けた世界の取り組みの進捗状況を測定するモニタリング方法を開発しています。

持続可能な開発のための水利用

アジアの農村部における経済活動は、河川の流域と結び付いています。この学際的なプロジェクトでは、水が社会、経済、そして自然環境にもたらす役割を調査し、どうすればSDGs、特にSDG目標6の達成が地域の発展に役立つのか研究しています。

関連の記事

最新の出版物