Sustainable Development Goal 5

ジェンダー平等を実現しよう

ジェンダー平等を達成するには、女性や少女に対する有害な慣行や暴力に終止符を打ち、平等な権利や機会を阻む社会、政治、教育、そして健康上の障壁を乗り越える緊急の対応が必要です。ジェンダー平等は、健全で互いを尊重し合う社会の構築、職場でのジェンダー均衡を要請する制度、女性の活躍を阻む文化的な慣習を廃絶できるかどうかにかかっています。

持続可能な開発は、女性と男性それぞれが等しく貢献して実現するものです。だからこそ、国連大学はあらゆる分野でジェンダー平等の推進に取り組んでいます。女性や少女の、健康・教育・雇用・資源へのアクセスを妨げる要因を分析し、それを取り除く開発政策を支援しています。また、女性や少女特有の経験について当事者たちから証言を集め、これまで顧みられなかった女性たちの権利を顕在化させる取り組みを進めています。また、科学やテクノロジーなどの新たな分野で、リーダーとなる女性たちのエンパワーメントに取り組んでいます。

研究者からのメッセージ

スムリティ・シャーマ

国連大学 世界開発経済研究所(UNU-WIDER)
リサーチ・フェロー

「ジェンダー平等とは人権であり、開発途上国が包摂的な成長を遂げる上で特に重要です。私は目標5を達成するエビデンスに基づいた政策立案に貢献したいと考えています。研究では、家庭や労働市場、幅広い社会において女性の自主性をもたらす原因やその結果について分析しています」

Araba Sey

アラバ・セイ

国連大学 コンピューティングと社会研究所(UNU-CS)
首席リサーチフェロー

「ジェンダー間の情報格差(=デジタル・ディバイド)の是正に向けた道のりは、未だに長く険しいものです。世界のどの地域を見ても、女性は情報技術へのアクセスが少なく、ハイテク企業のリーダーに占める割合もごくわずかです。私はこの問題を解消し、男女共に科学技術の分野における教育とキャリアを追求できるようにしたいと考えています」

Ortrun Merkle

オルトルン・メルクル

国連大学 マーストリヒト技術革新・経済社会研究所(UNU-MERIT)
PhD フェロー

「ジェンダーの平等は、平和と繁栄を実現するための基盤です。私は、女性が社会のあらゆる場面で、平等に参加できる環境作りを支援したいと考えています。特に注目しているのは、政財界での汚職が、女性にどのような影響を与えているのか、そしてそれがいかに女性の政治的、経済的参加を妨げているのかという点です」

注目のプロジェクト

EQUALSイニシアチブ研究グループ

デジタル革命によって女性に多くの機会がもたらされた一方で、ジェンダー間のデジタル格差は拡大しています。EQUALS研究グループは、ジェンダー間のデジタル格差の解消に向けた動きを加速させるべく活動しています。知識格差の特定、グットプラクティス(優れた取り組み)の提示を通じて、新たな知識を生み出せるよう、学術界、産業界、政府、市民社会すべての領域にまたがって取り組みを進めています。

地熱学における女性:ビジュアル・エスノグラフィー

職場、特に科学に関係した職場でのジェンダー平等を実現するには、まだまだ長い道のりが残されています。このプロジェクトでは、ドキュメンタリー映像を通して、持続可能なエネルギー生産に女性がもたらすプラス効果を明示し、新興の地熱エネルギー分野における女性科学者の経験を検証します。

女性の主体性と移住における社会文化的変化

女性の移民は、前世紀から続く最も重要な社会パターンの一つです。女性移民たちは大抵、移住先で社会的に弱い立場に置かれ、家事労働や性産業、その他の規制されていない産業に従事させられています。この研究はこうした現状に着目し、どうすれば移民が女性のエンパワーメントに繋がるのか調査しています。

関連の記事

最新の出版物