目標13:気候変動に具体的な対策を


人間の活動から排出される温室効果ガスは、気候変動の要因となり、その排出量は人類史上最大の水準に達しています。温室効果ガスの継続的な増加に伴い、地球の気温や海面も上昇し、異常気象も激しさを増すと見込まれています。コミュニティや生活、経済に壊滅的な影響が及ぶのを回避するため、各国が協調し迅速な行動を取らなければなりません。2015年12月に採択されたパリ協定は、こうした行動を推し進めるものですが、地球気温の上昇を2°C未満に抑えるという協定の目標達成は、気候変動に関する知見が政策にどのように盛り込まれるかにかかっています。

気候変動についての国連大学の取り組み

気候変動に対する地球規模の回復力(レジリエンス)を向上させるために、国連大学では、すでに今現在、気候の変化によって大きな影響を受けている人に重点を置いた研究に取り組んでいます。研究の一つは、海面の上昇や異常気象に脅かされている島国コミュニティにおいて、保険によるセーフティネットを構築するのに活用されています。この試みは、将来、気候に関連した災害に見舞われた場合でも、人々が速やかに被害から回復できるよう支援する取り組みとして実施されています。また、国際的な協力を通じて二酸化炭素排出量を削減する戦略を進めており、途上国が主要な低炭素技術へアクセスできるよう、支援を行っています。

国連大学と知るSDGs トップページ に戻る

研究者からのメッセージ

 


国連大学 環境・人間の安全保障研究所(UNU-EHS)
アソシエイト・アカデミックオフィサー

ゾンケ・クレフト

kreft@ehs.unu.edu

「気候変動に対する世界のレジリエンスを強化するには、事が起きてからではなく、起きる前のリスク管理が必要です。国連大学における私の研究テーマは『気候リスク保険』。これは、被害を受けやすい人々にセーフティネットを提供する、先を見越した手段です。こうした解決策を気候変動への適応計画に盛り込むことで、人々が受ける影響を最小限に抑えられるよう支援していきます」

 

国連大学 サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)
アカデミックプログラムオフィサー

リヤンティ・ジャランテ

djalante@unu.edu

「災害のない世界を作りたいというのが私の願いですが、しかし実際には、気候関連の災害が人や地域社会に及ぼす影響は強まっています。私の研究では、社会が脆弱な理由とその経緯の理解に取り組んでいます。研究の最終目標は、異常気象に見舞われても速やかに回復できるよう、国や地域のレジリエンスを高めることです」

 

注目の研究プロジェクト

 


国連大学
環境・人間の安全保障研究所(UNU-EHS)

MCII: カリブ海諸国における
気候リスク適応策と保険

カリブ海諸国など、災害多発地域に位置する開発途上国は、気候変動の影響を強く受けています。このプロジェクトでは、リスク管理とリスク移転の手段として「気候リスク保険」を推進し、気候変動への適応策の強化と脆弱性の低減に取り組んでいます。

 

国連大学
サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)

低炭素技術移転プロジェクト

グローバル経済、そして地球と人々の健康の未来は、クリーンな低炭素技術を地球規模で拡充できるかにかかっています。このプロジェクトでは、開発途上国を対象とし、低炭素技術を効果的に伝承していくための戦略と連携の強化を進めています。

 

国連大学
アフリカ自然資源研究所(UNU-INRA)

ガーナ気候イノベーション
センター(GCIC)

ガーナにとって、気候変動の影響に対応し発展する力をつけるためには、社会のすべての分野における取り組みが必要です。GCICは中小企業の育成機関として、気候変動の影響に対応しつつ採算性も確保できる適切な解決策をもたらすべく、起業家たちを支援しています。

 

注目の関連記事

 


関連する出版物


レジリエンスのための気候リスク保険:各国の実行プラン支援について
DOWNLOAD

関連する出版物


サブサハラ・アフリカ地域における気候・生態系変動に対するレジリエンス構築の方法について
DOWNLOAD