目標10:人や国の不平等をなくそう


不平等の克服は、持続可能な開発目標(SDGs)の核となる要素です。これまで、貧困の削減については大きな進展がありましたが、途上国の75%以上の世帯は、1990年代よりも所得格差が拡大した社会に暮らしています。所得水準の均衡化は、身体的障がい、ジェンダー、人種、宗教などによる様々な不平等と併せて対処しなければなりません。SDGsの達成には、先進国と途上国が対等に意見を言い、また、すべての人が可能性を最大限に発揮できるよう、平等な機会が与えられる必要があります。

不平等をなくすための国連大学の取り組み

世界の不平等の現状について、明確なベースラインがなければ、対処する政策や行動も効果が薄いものとなってしまいます。国連大学では、政府や政策立案に携わる人々に、世界で所得の不平等が生じている場所、理由、程度についての情報を提供する包括的なデータベースを構築しています。また、移住、ジェンダー、健康に関する研究では、不平等を作り上げている社会的・政治的な動きを明らかにし、政策や社会の支援システムが、不平等をもたらす根深い問題と最新の動向に対応できるよう取り組んでいます。

国連大学と知るSDGs トップページ に戻る

研究者からのメッセージ

 


国連大学 グローバリゼーション・文化・モビリティ研究所(UNU-GCM)
リサーチフェロー

ヴァレリア・ベッロ

vbello@unu.edu

「国際移住とそれに関連する安全保障の問題は、多くの社会における主要な懸念事項です。私は、移民をグローバルな安全保障上の脅威だと決めつける偏見に、真っ向から対抗したい。そのために、人間の移動がいかに世界を形成するか、そしてどうすれば移民たちが新天地で受け入れられるのかを研究し、この問題を理解する新たな枠組みを提供していきます」

 

国連大学 世界開発経済研究所(UNU-WIDER)
リサーチフェロー

レイチェル・ギセルクイスト

rachel@wider.unu.edu

「不平等は重要な問題です。それは正義と公正だけの問題ではなく、貧困や平和といったその他の開発目標につながる問題でもあります。民族間の不平等に関する私の研究では、不平等と多様性が互いにどう関係しているかを考察するほか、ガバナンスと開発における影響の分析、また、どうすればより平等な社会を築くことができるのかについて取り組んでいます」

 

注目の研究プロジェクト

 


国連大学
グローバリゼーション・文化・モビリティ研究所(UNU-GCM)

移住と危機

世界では今、これまでない巨大な規模で人々の移住が起きています。このプロジェクトでは、移住したり移住を試みている人々の人権や尊厳を十分に保護できていない事例について、移住や国境管理、社会への融和政策などの分野で調査・分析しています。

 

国連大学
世界開発経済研究所(UNU-WIDER)

不利な立場に置かれたグループと社会的流動性の研究

人種間の分裂の深刻化や、拡大するばかりで一向に埋まらない格差は、開発途上国が経済的および政治的に不安定な状況に陥る危険性を高めています。このプロジェクトでは、グループ間格差を決定づける要因を分析し、改善に向けた可能性を探っています。

 

国連大学
世界開発経済研究所(UNU-WIDER)

世界の不平等

世界では、成人人口のわずか1%である富裕層が、富の4割近くを保有しています。また、国家間および国内での不平等と富の格差は拡大の一途をたどっています。世界における不平等の拡大を理解するために、このプロジェクトでは、世界の所得データベース(World Income Database)を作成。不平等性の指標に関する最も網羅的で有効なデータベースとして活用されています。

 

注目の関連記事