国連大学対談シリーズ「国際紛争の展開:その防止と対応」

, ,

イベント
場所
  • DATE / TIME:
    2017年12月14日    18:30 - 19:30
    場所:
    東京

    ご登録 »

     

    本イベントは英語のみで行われ、日本語への通訳はございませんのでご了承ください。

    国連大学では、国際危機グループ会長のジャンマリー・ゲーノ氏との対談「国際紛争の展開:その防止と対応」を開催いたします。ぜひご参加ください。

    日時:201712月14日(木)18:30-19:30
    場所:国連大学本部1Fアネックス・スペース
    言語:英語
    参加費:無料
    締切:201712月13日(水)

    冷戦終結後、武力紛争は減少の一途をたどってきましたが、近年では再び紛争が急増しています。現代の紛争が示唆するものは、国際的な規範の衰退や、以前は友好関係にあった国家間の政治的分裂の拡大です。さらに、世界的・地域的な対立が深刻化していること、過激な非国家グループが地域の不満をうまく利用していることも、こうした紛争を助長しています。紛争の性質が変わりつつある中、国際社会はどのように対応すればよいのでしょうか。また、紛争防止・解決のために、現在の手法は刻々と変化する状況にどのように適応すればよいのでしょうか。

    今回の対談では、ゲーノ氏が、国連大学政策研究センター(UNU-CPR)のセバスチャン・フォン・アインジーデル所長とともに、地政学的な情勢が変化する中での現代の紛争について話し合うほか、紛争の防止・対応のための適切な手段を国際社会は有しているのかについて考察します。

    国連大学対談シリーズは、参加者との積極的な交流を目的としています。ご参加の皆さまは、対談中、また対談後のレセプションで、講演者に直接質問することができます。レセプションでは、飲みものとビュッフェ形式の軽食を用意しておりますので、意見交換や新たな人脈づくりの機会としてお役立てください。

    入場は無料ですが、事前登録が必要です。(12月13日(水)締め切り)。
    参加のご登録は、左上のご登録ボタンからお願いいたします。

    対談者について

    ジャンマリー・ゲーノ氏は、国際危機グループの会長です。以前は、フランス代表として国連のさまざまな職務に就き、学問の世界でも活躍しました。主な職務には、2000年~2008年の平和維持活動担当事務次長、および2012年のシリア危機担当国連・アラブ連盟合同副特使などがあります。また、コロンビア大学の国際紛争解決センター所長、フランス国防高等研究所所長を歴任し、現在はブルッキングス研究所の特別研究員を務めています。

    ゲーノ氏は、その優れた実績と貢献により、フランスのレジオン・ドヌール勲章オフィシエ、およびドイツ連邦共和国功労勲章コマンダーを授与されています。

  •  

    〒150-8925 東京都渋谷区神宮前5-53-70
    国連大学 1階アネックス・スペース