“水産資源の持続可能なサプライチェーン ー2020東京五輪に向けた日本社会の課題”

Event
Location
  • DATE / TIME:
    2017年9月4日    15:00 - 18:00
    場所:
    東京

    国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)と独立行政法人日本貿易振興機構 アジア経済研究所(IDE-JETRO)は、「水産資源の持続可能なサプライチェーン ー2020東京五輪に向けた日本社会の課題」を開催します。持続可能な開発目標(SDGs)の目標14でも言及されている、海洋および海洋資源の保全と持続可能な利用は、オリンピックにも広がっており、ロンドン五輪では、水産商品の調達にMSC認証が義務付けられました。一方、日本ではこうした認証の認知度が低い上、水産業にかかわる外国人労働者の劣悪な労働環境や人権侵害への批判が高まっています。このため、2020年開催の東京五輪に向け、日本がどのような調達方針を示すのか、関心が高まっています。

    本イベントでは、日本の業界団体を背景とする「マリーン・エコラベル・ジャパン」の新たな活動に着目し、水産資源に関するサステナビリティ―認証の在り方、その背景にある人権問題への対処、日本の消費者・民間セクターが、2020年に向けてどのような取り組みを求められているのか、といった点について、議論します。

    事前登録のほか、当日のプログラムなどの詳細は、こちらをご覧ください。

  •  

    ジェトロ本部 5階展示場
    東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル5階