デイビッド・マローン

国際連合大学学長
国際連合事務次長

概要
  • デイビッド・マローン2013年3月1日に国連大学学長に就任。2008〜2013年にかけて、開発途上国における政策関連の研究支援・資金提供を行なう機関であるカナダ国際開発研究センターの総裁を務めました。

    これまで、国連経済社会理事会のカナダ代表、国連のカナダ大使および代表部次席代表を歴任 (1990〜1994年)。さらに、カナダ外務・国際貿易省の政策・国際機関・地球規模問題局局長(1994〜1998年)、ニューヨークにある独立した研究・政策開発機関である国際平和アカデミー(現国際平和研究所)所長(1998〜2004年)、カナダ外務・国際貿易省次官補(地球規模問題担当)(2004〜2006年)、カナダ駐インド高等弁務官、ブータンおよびネパールの非常駐大使(2006〜2008年)を務めました。

    また、ブルッキングズ研究所の経済研究プログラム、トロント大学マッセイ・カレッジおよびカールトン大学ノーマン・パターソン国際問題研究所の研究ポストを務め、コロンビア大学客員研究員および非常勤教授として勤務。現在はニューヨーク大学ロー・スクール非常勤教授も務めています。

    モントリオール商科大学から経営学士号、アメリカン大学 (カイロ)からアラビア語修了証書、 ハーバード大学ケネディ行政大学院から行政学修士号、オックスフォード大学から国際関係の博士号を取得しています。

    マローン学長はこれまで、幅広く論文等を発表しています。2015年には『The UN Security Council in the 21st Century(21 世紀の国連安全保障理事会)』(共編、リン・リーナー出版社)と『The Oxford Handbook of Indian Foreign Policy(インド外交についてのオックスフォード・ハンドブック)』(共編、オックスフォード大学出版局)、また、2016年には『Law and Practice of the UN(国際連合の法と実践)』第 2 版(共編、大学院用教科書、オックスフォード大学出版局)などを執筆しました。

    2019年には『Megaregulation Contested: Global Economic Ordering After TPP (超規制論争:TPP後のグローバル経済秩序)』(オックスフォード大学出版局)および『The Oxford Handbook of UN Treaties(オックスフォード版国連条約ハンドブック)』(オックスフォード大学出版局)を共編。現在は、国連組織のポテンシャルと課題の分析に関する研究論文に取り組み、さらにアジアの高等教育について、シンガポール経営大学のリリー・コング学長およびジョンホプキンス大学ポール・H・ニッツェ高等国際関係大学院のデヴェシュ・カプール教授と執筆中。

    現在国連大学学長として、2 期目(2018〜2023 年)を務めています。