デイビッド・マローン

国際連合大学学長
国際連合事務次長

Overview
  • 2013年3月1日に国連大学学長に就任する以前、マローン博士は、開発途上国における政策関連の研究支援・資金提供を行なう機関であるカナダ国際開発研究センターの総裁を務めました(2008-2013年)。

    カナダ国際開発研究センター以前は、国連経済社会理事会のカナダ代表および国連のカナダ大使を歴任(1990-1994年)。さらに、カナダ外務・国際貿易省(DFAIT)の政策・国際機関・地球規模問題局局長(1994-1998年)、ニューヨークの独立した研究・政策開発機関である国際平和アカデミー(現国際平和研究所)所長(1998-2004年)を務め、カナダ外務・国際貿易省にて経済および多国間外交を監督(2004-2006年)し、カナダ駐インド高等弁務官、ブータンおよびネパールの非常駐大使(2006-2008年)を務めました。

    同博士はまた、ブルッキングス研究所の経済研究プログラム、トロント大学マッセイ・カレッジ、カールトン大学ノーマン・パターソン国際問題研究所の研究ポストに就き、コロンビア大学客員研究員および非常勤教授、ニューヨーク大学ロースクール非常勤教授を務め、現在同大学のシニアフェローでもあります。

    マローン博士は、モントリオール商科大学にて経営学士号を取得し、アメリカン大学(カイロ)にて学び、ハーバード大学ケネディ行政大学院にて行政学修士号 、オックスフォード大学にて国際関係の博士号を取得しています。

    デイビッド・マローンマローン博士は、幅広く論文等を発表しています。近著に『Does the Elephant Dance? Contemporary Indian Foreign Policy(ゾウは踊るか?インドの現代外交政策)』(2011年、オックスフォード大学出版局)、『Nepal in Transition: From People’s War to Fragile Peace(転換期のネパール:人民戦争から脆弱な平和へ)』(共編、2012年、ケンブリッジ大学出版局) 、『International Development: Ideas, Experience and Prospects (国際開発:理論、経験、展望)』(共編、2014年、オックスフォード大学出版局)、『The UN Security Council in the 21st Century (21世紀の国連安全保障理事会)』(共編、2015年、リン・リーナー出版社)、『The Oxford Handbook of Indian Foreign Policy(インド外交についてのオックスフォード・ハンドブック)』(共編、2015年、オックスフォード大学出版局)などがあります。また、『Law and Practice of the UN(国際連合の法と実践) 』第2版(共編、大学院用教科書)がオックスフォード大学出版局より2016年に出版予定です。