各種データ

2012年国連大学の財務状況

国連大学は国連の通常予算から一切資金を受けていません。国連大学の活動はすべて国連大学基金の運用と各国政府(主に国連大学の研究所を受け入れている政府)、公的機関、国際機関、財団などからの任意の拠出金によって支えられています。国連大学の2012年度予算は7,140万米ドル(2012年から2013年の2年間の予算として承認された1億4,280万米ドルの半分)です。2012年から2013年の2ヵ年の予算は約61%の基本財源(国連大学基金の運用益および運営資金)と39%の特定のプログラムへの拠出金で賄われています。

2ヵ年予算の最初である2012年には、国連大学は21ヵ国の政府とその他168以上の組織や団体等から5,170万米ドルの拠出金を受領しました。また提携相手国からの援助や費用分担支援などの援助も受けたほか、学術活動に対して協力機関から直接支払われる「予算外」の拠出金も受け取っています。

2012年 国連大学のデータ

研究プロジェクト

 
research-and-study-projects

2012年は、265件の研究プロジェクトが存在し、その中の133件が主に開発途上国で実施されました。全体のうち84件は新規プロジェクトで、107件は進行中のプロジェクト、74件は完了しています。

 

研修コース

 
training-courses

146件の研修コースが実施され、世界で5,580 名の学生が参加しました。110のコースが開発途上国で実施されました。

 

プロジェクトのワークショップ

 
project-workshops

151件のプロジェクトのワークショップが開催され、5,690名の参加がありました。これらのワークショップのうち59件が開発途上国で実施されました。

 

スタッフ数

 
personnel

2012年に国連大学のスタッフ数は679名で、287名が女性、392名が男性。全体のうち254名が開発途上国の出身です。

 

フェローシップ受領者

 
fellowship-recipients

2012年には224名がフェローシップを受領しました。その内訳は87名が女性で、137名が男性でした。全体のうち180名のフェローシップ受領者が開発途上国の出身でした。

 

インターン

 
interns

2012年は国連大学で166人のインターンが採用されました。その内訳は99名が女性、67名が男性で、全体のうち65名が開発途上国の出身でした。

 

出版物

 
 
publications

2012年には総計で1378もの出版物がありました。内訳は、276本の査読付き学術雑誌掲載論文、260本の討議資料および報告書、103の出版物の章、143本のポリシー、リサーチ、テクニカルブリーフ、52冊の書籍、201の議事録、会議発表資料、11のジャーナル特別号、218のその他の出版物と、123のその他の論文です。

 

公開イベント

 
 
public-events

2012年は、国連大学全体で275の公開イベントが開催されました。67件のセミナー、65件の会議やシンポジウム、16回の講演、11冊の書籍出版、54件のワークショップ、34件の研修や大学院関連、その他のイベントが28件でした。

 

国連大学大学院プログラム 学生数

 
unu-postgraduate-programme-students

2012年の国連大学大学院の学生数は54名でした。女性30名、男性24名で、全体のうち26名が開発途上国の出身でした。